私が乗った車たち

By   2014年10月19日

私は現在46歳ですが、16歳で高校生になってすぐに中型自動二輪の免許を取り、その後、18歳になると車の免許を取りました。最初はバイクの魅力に惹かれてすっと二輪車ばかりに乗っていましたが、四輪の免許を取ってしまうと、安全性であるとか、天気に左右されないとか、友人と一緒に話をしながら遊びに行けるなどの理由で、ずっと今まで車ばかりを何台も乗り換えてきました。初めて買った車は、親のすねをかじった中古のトヨタ「スターレットリセ」でした。次に自分で働いたお金で購入したのが三菱「ミラージュ」でした。その後、新潟に住むことになり、雪道を走るということで買ったのがダイハツ「ラガー」です。後部ガラスがスライド式だった事が好きでした。ここからずっと四輪駆動車にはまり、トヨタ「プラド」に乗り換え、次に初めての軽四駆である、スズキ「ジムニー」にも乗りました。基本的に四角い車が好きで、次は三菱「デリカスターワゴン」でした。ここでは2台持ちで再び「ジムニー」にも乗りました。するとしばらくして「デリカ」の新車「デリカD-5」が発売され、そちらに乗り換えました。そして現在
は、色々な諸事情により、三菱の軽1BOX「タウンボックス」を経て、三菱と日産が共同開発した「新型EKワゴン」に乗っています。行き着いたところは軽自動車でした。
日本の今の軽自動車は燃費を筆頭に、素晴らしいですね。

エコカー|人気ランキング~燃費比較・減税対象車・おすすめ情報

趣味は洗車?

By   2014年9月20日

初めてマイカーを手に入れた時から、自分で手洗い洗車を続けています。
軽自動車でしたけれど、10年は乗るつもりでいましたので。
最初の頃はやっぱり車を持ったことが嬉しくて、休日になると洗車をしていましたね。
冬でも素手で洗ってしまうくらい。
ワックスをかけて、自分が写りこむくらいまで磨く。
気が付くとあっという間に1時間経過しています。

フロントガラスもピッカピカにしないと気がすまない性格です。
車のガラス用洗剤も必須。
ウォッシャー液も撥水タイプのものを入れています。

しかし、仕事が激務になってきた頃、ちょうどセルフスタンドも街中に増え始め、洗車機というものにチャレンジしてみました。
なんという便利さ!
自分が写りこむくらいまではピカピカにならないけれど、そこそこキレイにはなる。
それを覚えてしまったら、段々と・・・自分で洗車をする時間は減っていきました・・・

コンパクトカーが買えるようになった私は、1200ccのスイフトを購入しました。
ディーラーさんでガラス加工をしてもらったのです。
そうなると本当に手洗いで洗車する必要がない。

でもこの車も10年乗るつもりです。
ガラス加工はメーカーが5年と言っていても、大体3年が限度だと、行き着けのスタンドの店員さんに言われました。

現在は、シュアラスターのコーティング風になるミスト、ゼロウォーター片手に、再び手洗い洗車しています。
気候が暖かくなると、ドライブもしたくなりますし、その前にはまず洗車でをして、ピカピカのボディを光らせながら颯爽と走る。

車を自分で洗車する時間があるということは、結構贅沢なことなんだとしみじみ思います。

【車買取】相場の調べ方&車買取・下取りの違いで数十万差が付く!

エンストの日々だったあの頃

By   2014年8月29日

運転免許を取得したのは18歳。高校生の時から免許を取ったらスポーツカーに絶対乗りたいという希望がありました。教習所でマニュアル車を運転するも半クラッチがうまくいかずにエンストの連続。なだらかな坂道では急発進。車庫入れは下手。本当に冷や汗かきかきの連続な日々でした。もちろん乗り越しもしてしまった。なんだかんだあったが無事に免許は取れたものの運転に自信がなかった。車の購入もかなり悩んだ。

しかし、憧れのスポーツカーが第一候補だし買うしかないと思った。結局、日産のシルビアを購入した。まず車内の簡単な小物などを揃えてみた。ドリンクホルダーやミラーなど取り付けて満足した。知り合いからもらったMOMOのステアリングも生意気につけてみたり。そして足回りはアルミホイルをはいてみた。車はあれこれといじりだすときりがないけど、楽しいものだと思う。

《車売る》なら相場より高く!車一括査定を使って下取りで高く売る

ただ、なんせ私運転がイマイチなものですからスポイラーやサイドステップやらは取り付けするのは諦めた。きっとぶつけて割れてボロボロにすると思ったから。それからはもういじることなく普通に乗っていた。でも、それで私は十分だった。峠なんかに走りに行ってはみなさんの運転があまりにも上手で本当に関心した。あれはやはり運転技術の問題だろうか?!