生活に密着していらっしゃる車

By   2017年4月21日

私がいる街はそこそこの田舎で乗り物は車と言っても過言ではない。その証拠に軽自動車保有率が全国で1位2位を占めるぐらいです。一家に4台ぐらいは珍しくない。
うちの家は大人が単独一台ずつ乗っていて、その上に軽トラが1台あるので合計5台もある。
なので、車には非常に敏感です。車の危険も怖さも相当分かっているのも確かです。
交通ルールも身をもって学んでいくので、油断は禁物だが、車の運転は上達して出向く。
こちらの人たちはモデルで自分を表現していることが多い。住まいと言っても良いぐらい身近なモノです。

私は結婚するまでミラジーノに乗っていて、何とか自分のお金で買ったについて、見た目が憧れのミニクーパに似ていたということから、全然愛着を保ち、それはそれは大事に乗ってドライブを楽しんだ。いよいよこうなると、車というよりも大事なパートナーみたいな感覚で乗りこなすようになる。
おかげで大きな事故に遭うこともなく長く股がることが出来た。
今は結婚して、子どももカップルになり各種ことを考えた結果、流行りのタントに乗り換えた。周りのママ友もタントにする人が増えた。

今のタントはスミマセンぐらいに子どもたちが汚してしまい、可愛そうな状態である。そうは言っても、もう少しは頑張ってもらわなければ。輸入車 人気

Category:

超小型モビリティのニーズに関して

By   2017年1月21日

現在、お婆さんや子育て世代などが手軽に利用出来る地域の足として、軽自動車とミニカーの間を閉じる新しいカテゴリー「超小型モビリティ」の規格策定や法整備が進んでいます。

現時点では、軽自動車よりもコンパクトな車体を持つ事、乗車定員が2名以下である事、原動機はモーターの場合定格出力8kW以下、エンジンの場合125cc以下である事などが決まっています。
又、ミニカーと同様、ハイスピードや自動車専用道路の走行は出来ない事になっています。

現在、同規格のモデルケースとなるEV、「日産ニューモビリティコンセプト」が各地で実験的に運用されています。
ニューモビリティコンセプトのボディサイズは、全長2,340mm×全幅1,230mm×全高1,450mmで、現行ミニカー規格にすっぽり収まって仕舞うコンパクトなものです。

車両重量は、ドア無しモデルで470kg、ドア付きモデルで500kgと、EVとしては軽量に抑えられています。

搭載されているモーターの定格出力は、規格いっぱいの8kWとなっていますが、最高出力はそれより遥かに厳しい15kWを発生します。
最高速度は80km/hに上るので、一般道を走行するには十分な性能だ。
1充電による航続距離は100kmで、これもシティ・コミューターという役割を考えれば、十分なものです。

こういうニューモビリティコンセプトを、ミニカーのコムスと比較すると、ボディサイズは一回り激しく、車両重量は2割程重く、モーターの定格出力は10倍以上、最高出力で3倍、最高速度は20km/h厳しく、航続距離はダブル、に関してになります。

コムスが、動力性能、航続性能とも必要最小限な性能に止まり、余裕に欠けるのに対し、ニューモビリティコンセプトは性能に余裕があり、交通の流れに乗れない恐れや、「電欠」になってしまう不安がますます低くなっています。
乗車定員が2名に増えている事といった相まって、わかりやすさは遥かに良いと言えるでしょう。

ミニカー並みの軽便さを維持しつつ、軽自動車ものの走行性能を実現して要る点について、筆者は極めて魅力的に感じています。
一部に、「そんな中途半端な規格を作るなら、軽自動車で十分ではないか」という意見もありますが、筆者はそうは思いません。

1人か双方乗って、ほんのりそこまで、という用途には、軽自動車も大袈裟に感じる事があります。
かと言って、ミニカーはいざという時双方乗れませんし、性能もミニマムなので幹線道路や坂道の走行は遠慮したくなるなど、用途が限定されてしまう。

その点、超小型モビリティは、両者のいいとこ取りをしたような嬉しい規格です。コンパクトカー人気ランキング|2016年コンパクトカー比較!

Category:

おんなじ排気量の車も

By   2017年1月11日

出張で職場の車で高速にのぼりました。私は普段コンパクトカーに乗ってあり、出張で使った車もメーカーは違いますがコンパクトカーでした。なので、同じもんだろう、として運転したのですが、あたかも異なりました。
職場の車は、明らかにパワーが不足していました。2人で行ったので多少きついのはありますが、それを差し引いてもパワー不足で、ちょっとスピードを落として再びスピードを上げようとしてアクセルを踏んでも反応が鈍く、少し経つと初めてスピードが伸びる感じです。調べてみると、職場のコンパクトカーは燃費が良いタイプのようで、カタログ値ですが、私の乗っているコンパクトカーから思い切り宜しい数字を出していました。燃費がすばらしい分、パワーがちっちゃいのかもしれません。その辺りはぐっすりわかりませんが。
あと、私のコンパクトカーによって少し細長い感じがして、運転していると窮屈に感じました。カタログ値を見ると、職場のコンパクトカーは若干酷いようです。
結局、おんなじ排気量の車も、方向性が違う事で、全然違う車ができるようだ。好みの問題もあるかと思いますが、私は、今自分が乗っているコンパクトカーの方が良いように感じました。燃費も思ったより良くなく維持費がかかりますが、乗りごごちは、良いと感じます。
今度出張に行く時は、私有車で行けないか掛け合って見ようと思います。ほとんど無理でしょうけど。SUVランキング

Category:

電気自動車に関して

By   2016年12月11日

私が乗っている車はトヨタのヴィッツだ。燃費が15キロから20キロぐらいです。今は、ハイブリッドの車が出て燃費がどんどん伸びていますが、その中でも私の気になる車は、日産から発売されている電気自動車のリーフになります。その理由は、なんと言っても燃料が安いということです。一括払い満タンするのに、200円から300円のコストパフォーマンスが魅力です。現在私のいる地域もガソリンの値段が、1リッターあたり165円ほどかかります。ヴィッツを満タンにするためには、6,000円から7,000円のガソリン代がなる計算だ。グングン消費税も5%から8%になり家計に負担が多くなっています。今問題となっておる大気汚染物質PM2.5も発生せず、環境に優しい車ですことに間違いありません。以前リーフを試乗したことがありますが、車内は静かでガソリン車と比べてもそれ以上の馬力があり、やっぱりガソリン車によって運転はしやすいって感じました。但し、走行距離が少ない220キロ(エアコンを塗りつけるといった短くのぼる)という欠点はありますが、遠方に旅行に行かないかぎりはまったく問題ないと思います。以上の理由で次ぎ買い替えるなら、私の場合電気自動車を買いたいと思います。http://xn--2017-zg9gx74d885d.com/

Category:

いやらしくない赤いボディカラー

By   2016年11月10日

最近の若者は再び違うのかもしれませんが、フェラーリに代表されるように「赤いスポーツカー」は渋いものです。しかし、車の形がなんであれ相当目立ってしまうので、ある程度の歳になるって赤い車を買うことには抵抗があるかもしれません。
鼓動デザインと呼ばれるデザインが採用された最近のマツダ車、CX-5、アテンザ、アクセラ、デミオはどれもトップ画像が赤い車となっていて、そして、どれも赤色に違和感がからきしありません。やっぱり車には赤が似合う車というのもあって、例えば真っ赤なクラウンがあってもどうにもピンときませんよね(ピンクのクラウンはありましたが)。そんな中、マツダの鼓動デザインではセダン、ワゴン、SUVといったどれをとっても赤が非常に似合います。販売面でも赤は人気らしく、これまでだったら大人しい色が売れたようなアテンザやアクセラといった車種も赤の販売比率がずいぶん高くなっているそうです。
実物を見たこともありますが、実際に綺麗な赤色なんですが、くれぐれもみっともない派手さがないんですよね。かといって地味すぎないという、絶妙な色だ。ただ一つ残念なのは特別色扱いで、オプション価格が必要になって仕舞うことでしょうか。各種雑誌とかを読むと、必ず手間がかかっている色みたいなのでコストが鳴るのはダメダメのかなと思いますが、これが通常の価格だったらひょっとして益々売れたのでは?と思わされます。ハイブリッドカー一覧

Category:

我が家の車は、ない水色の日産キューブ

By   2016年10月11日

我が家の車は、ない水色の日産キューブだ。
こういう車は、ブレーキランプや、ハザードランプなど、各種ところに「キューブ」のデザインを
施していて、おかしいデザインになっています。
便利な機能もあり、トランクにはコートが受けるように、フックがついていらっしゃる。この間、法事
に向かうときに喪服をかけることができて、服がシワにならずに運べて便利でした。クリーニング屋か
ら引き取った洋服も、そこにわたって運べばきれいな状態で持ち帰ることができます。
他にも小物を収納もらえるポケットが、前のドア、ハンドルの脇、ダッシュボードの下にあり細々した
ものをすっぱり収納できます。運転席って助手席の間に肘おきがありそこも蓋をあけるって、中が収納に
なっています。蓋つきなので、駐車券など大事なものをいれておくという無くさずにすみます。
ドリンクホルダーは、運転席と助手席に一つずつ、運転席と助手席の間に二つあって、4人家族のわが
家では、一人一つずつ扱うことができて便利です。
依然こういう車にのぼり始めて、日も浅いため運転でまごつくところもありますが、前に乗っていた車よりも
車内が大きいので、だいぶ快適だ。
家族皆が愛する車なので大切に使いたいと思います。車査定 相場

Category:

高級車の魅力

By   2016年10月1日

私は日産のノートに乗ってある。2005年式のものでいまや13万キロ走っていますが、特別不具合が悪いことはなく、たいてい満足しています。
それが最近社有車のクラウンアスリートに乗ってビビりました。社有車として購入して3年ほど経っているので、最新の型よりもグループ前のものになります。高級車がこんなにも運転し易いものだは思いませんでした。
ハイウェイを走行したのですが、2000回転も踏まなくても100キロは余裕でいくのです。また登坂車線があるような上り坂も、なんとなくアクセルを踏むだけでガンガン加速していくのです。上り坂で加速するなんて私の中ではありえない。ノートだったらエンジンがうなるくらいにアクセル踏まないと上り坂では加速控えるんです。またアスリートの著しいところは高速走行も車内が静かでした。トンネルを走っていてもあんまり気にならないほどでした。
高級車っていいな・・・ふたたび思った瞬間でした。けれども500万円は下らないのに買えないよななんてさすが思います。も高級車だったら毎日中運転していても疲れないくらいの使い勝手でした。100万で買えたらいまから銀行をめぐってお金下ろしてありのまま買いに行くんですけどね。
私には当分(というか一生)無理そうなので、なるたけ社有車のアスリートに運転させてもらえるように頑張ろうかなと思います。ミニバン 人気

Category:

購入予定はないけど見てしまう車の広告

By   2016年9月21日

購入する予定は断然なくても、車の広告がポストに入っているとなんとなくじっくり見てしまう。
最近・・・心を打たれるようなカワイイデザインの車がないような気が・・・。
四角いカクカクした形が好きだから?
セーフティの事を考えると、丸っこいボディーになるのは仕方ない・・・けれど、カクカクした四角いボディーが好き。
そういう私ですが、丸くてもカッコイイと思える車があります。
レクサスや、高級な外車達。
自分の手が届かない価格の車には憧れますね。
ヨダレが出そうなぐらい憧れますけど、手が届かない車を見渡してるから、手が届く車が載ってる広告を見極めるほうが楽しくて。
ユーズドカーがたくさん載ってる広告が一番明るいだ。
贅沢は敵!といったライフスタイルになってきているので、ユーズドカーのお手頃価格の広告は見てるだけでテンションが上がります。
今までは新車にこだわってきましたが、そんな自分はおさらばだ(笑)
浪費家の私が堅実的に生活できるよう、車の選び方も変えていかないといけませんね。
そうそう、最近何とも気になる車がマツダのデミオ。
ディーゼルエンジンの車の乗り心地などに興味津々。
も、デミオはボンネットが長いから運転できない(涙)
コンパクトミニカーでひときわ堅実的車はどの車だろう・・・。
運転が下手だから、ボンネットが少ない車じゃないとダメ。
惜しくも運転が上手だったらボンネットが長いカッコイイ車に乗れるのに。
ボンネットが短くて、堅実的車、あるのかな?軽自動車 人気

Category:

期待のフォード フィエスタ

By   2016年9月19日

アメリカではトヨタとフォードがお互いに「クルマがアメリカで一番売れた」って言い争っていますが(?)、世界一売れた車はフォードの「フィエスタ」で毎違いなさそうだ。日本にも導入されていますが、ディーラーが少ないせいか、現に走っている車を見たことはないですね。いわゆるアメ車も昔よりは故障とか減っているだから(まぁ日本車って確かめるのは可愛そうかな)、ディーラー網を整備すればもう一度売り払えるというんですけどね。
で、世界一売れたフィエスタは日本でのグレードは一つしかありませんが、内容が充実しているのでコストパフォーマンスはとても良さそうです。あと、色んな試乗レビューを見ても悪いことを書いている記事ばかりないので、走りも期待できそうだ。こんなフィエスタのエンジンは1.0L。おんなじボディサイズだと日本車にフィットやヴィッツなどがありますが、本当は日本車のほうが排気量が広いんですよね。おんなじボディでアメ車のほうが排気量が幼いってなんとなく案外言うか、トレンドなのでしょうか。まぁヨーロッパだとダウンサイジングが進んでいるので、排気量が小さくても正当のでしょう。
小型ボディで燃費も良くて世界一売れている車なのに、日本では概ね見かけない(発売が遅かったとうのもありますが)というと、何だか日本てガラパゴス?って思っちゃいますが、何とかディーラー網が不足しているのでは?スポーツカー

Category:

一括査定サービスに申し込みを入れて…。

By   2016年1月17日

一括査定サービスに申し込みを入れて、業者がすぐ送ってくる見積もり金額というのは、一般的に「相場価格」だと思ってください。本当のところは、ご自分の車の状況を査定士が確かめた上で確定されることになります。
当然新しい型式(フルモデルチェンジ)の車の発売があると、新しいものに買い換えたいという消費マインドが高まって、前の型のクルマが市場に多数出回って、結果中古車が溢れ、中古車買取相場が落ちていくという流れです。
断言しますが、買取相場を把握する方法はひとつだけしかなのです。クルマ一括査定のサービスを上手に使うということです。5分くらいで買取相場が理解できる場合もあると聞いています。
何とかして高く愛車を売ろうと思うなら、極力いろいろな車買取事業者に見積もり依頼をして、最も良い値段を示したところに買ってもらわないとならないというわけです。
料金を払うことなく使用することが出来るサービスなので、一括で車査定を頼み、売買契約を結ぶ前にどれくらいの価格で引き取ってくれるのかという情報を入手しておくと交渉にも活かせるでしょう。

この頃はネット上で開設している中古車査定サービスにて、いとも簡単に査定金額を一括比較できます。貴方のクルマが、どれくらいの金額で引き取ってもらえるのかそこそこ知ることができるという特長があります。
新車しか買わないとおっしゃる方なら、販売店との距離を縮めておくことで得をします。従って、新車だけしか買うつもりはないという考えの方には、下取りをおすすめしたいと思います。
買取相場と言いますのは、絶え間なく変化していますから、ある程度決まったスパンで買取相場を確認しておくことによって、大事に乗って来た愛車を有利に売るのにベストな時期を知ることができます。
例えばローンが完済できていない状態でも、何の心配もいりません。査定が済んだら、買取専門の業者がローンの残金を代行にして一括返済してくれます。あなたには残債の金額を引いた額が返ってくることになるわけです。
提示してもらった買取の値段が満足して良いものなのか判別できないので、ネット上の一括査定を依頼する前に、愛車の買取相場が如何ほどなのかについて、チェックしておくことが必須だと言えます。

営業さんの巧妙な話術で、魅力的でもない下取り金額で売ってしまう場合も多いそうです。以前実際に買い換えたという方々にとりわけ分かって欲しいのが、今所有している車の相場価格です。
愛車を乗り換えたいと願っているという人は、今の愛車をどのようにすればいいかと困っていることも考えられます。新車購入の場面では、そのお店から下取りの話を持ち出されることも多々あります。
見積もり依頼がわずか1社だとすると、一番安い価格のところに売ると決めてしまうということにもなり得ます。そんなことにならないよう、ネット上の中古車査定サイトでの一括査定をご利用ください。
車を高額で売りたいなら、買取専門店を対抗させて一番高額な査定をしたところに依頼する。これこそが最高金額で愛車を買い取ってもらう方法ではないでしょうか。一括査定を有益に利用することで、時短にも役立ちます。
実は車査定というのは、換言すれば買取価格を見るというだけの意味で、正当な売買契約にはならないため、査定を受けることで、実際のローン残債の状況に影響が及ぶなどということはないのでご心配なく。

Category: